予約優先制、土曜日14時まで、駅近、駐輪スペース有り
診療時間表
診療時間表

あびこ・長居で筋肉治療専門の整骨院をお探しなら

あびこ Body Works 整骨院

問い合わせはこちら 06-7182-4808

問い合わせはこちら 06-7182-4808

〒558-0011 大阪市住吉区苅田8-12-31 プランドールソシア1F

筋肉治療って何ですか?

当院の施術は痛みの原因である筋肉内部の血液循環改善を目的として筋肉を1つ1つ丁寧に触察し固まった筋肉をほぐし、本来の柔らかさを取り戻して痛みや症状を改善していきます。表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルと呼ばれる深層の筋肉をも改善することができる特別な施術です!!

なぜ筋肉を治療するのか?

人間の体は血液によって栄養が運ばれてきて、その栄養を使って活動し、使った老廃物がまた血液によって回収されていくということは皆さんもご存知ですよね。血管は骨や筋肉に沿ってありますが、骨や筋肉内部にも存在します。血行不良が起こると周囲の筋肉は栄養不足になり固まってしまい、これにより動きが鈍くなったり、可動範囲が狭くなったり、痛みを伴うようになります。また逆に筋肉を酷使したり傷めたりすると筋肉は収縮して硬くなり、血管を締め付けてしまい、血行不良が生じます。これが持続することによって病気やケガの治りが遅くなったり、いつまでも痛みがとれないということに繋がります。

要するに血液循環が良ければ病気にもなりにくいですし、病気やケガをしても治りが早いということです。これは本来からだに備わっている能力なんです。しかし、現代社会に於いては生活習慣・ストレスなど様々な環境因子がこれを妨げており、残念ながらご自身の力だけでは追いつかなくなっています。固まってしまった筋肉が血液循環不良を起こす要因の一つであり、痛みのほとんどが筋肉が伸びたり縮んだりすることによります。

だから筋肉を治療するのです!!

病院には筋肉科という名前の科はございません。整形外科はあくまで整形ですから外観に異常があれば、それを元に戻すための治療をするところなので、骨折や変形、断裂した筋肉を手術で繋ぐなどが主なところです。外観に異常のない筋肉は専門外なので、シップと薬の処置しかありません。

ですから我々プロの治療家にお任せいただきたいのですが、ここまでのお話だったら正直、整骨院・治療院・マッサージ屋のどこでも一緒じゃないの?って思いますよね?

筋肉治療専門って何が違うの? っていうと、1つ1つの筋肉を触察できるくらい体の構造、筋肉の在り方を熟知していること。痛みを訴える場所に関連する筋肉の範囲、動作の関連性を考察できること、筋肉に的確な刺激を入力することができること。ほかにもありますが、この3つができているかできていないかで、見た目は同じように見えても中身は全然違います!!

当院の施術を受けられた方のほとんどが、「今まで受けてたのと全然違う!」「そんなとこまでやってもらったことない!」「こんな感覚初めて!」といった感想をいただいております。

次に「痛み」についてですが、痛みは大きく2種類に分類され、「早い痛み」と「遅い痛み」に分かれます。

早い痛みは鋭く・刺すような強い痛みで、遅い痛みは重く・鈍い痛みです。みなさんが普段感じているのはどちらの痛みですか? おそらくは遅い痛みの方だと思います。そしてこれが筋肉が出す特有の痛みです。

早い痛みは受傷直後の筋肉の場合もありますが、基本的には骨や神経からくる痛みです。これだけでは骨か神経か筋肉かわからないって方は今から言う痛みを想像してください。

誰もが1度は経験があると思いますが、階段や段差で踏み外してスネを角にぶつけたことはありますよね?あのズキズキしてうずくまって身動きとれないような嫌な痛みが骨の痛みです。

また机や椅子の角で肘をぶつけてビリビリッてしたこともあると思いますが、あの電気が走るような痛みが神経の痛みです。

これに対し、ズーンと響くような重い・鈍い・だるい感じで、採血するときに腕を縛られてジーンと痺れたり、正座していて圧迫による痺れなどは筋肉による痛みや痺れです。何となくイメージできましたか?

両方感じるとか、一瞬だけビリッとするけどあとは何ともないとか、判別しにくい痛みもありますので、わからなければ無理に決めつけずに1度ご相談ください。あなたの痛み、どちらでした?

参考までに、よくある質問内容です。

Q.病院に行ったら、痛みの原因は骨が変形してるから・軟骨がすり減っているからだと言われた。

確かに1つの要因ではありますが、本当にそれが原因なのでしょうか?加齢と共に誰にでも起こる可能性がありますが、変形していても痛みのない方もおりますので、つじつまが合わないですよね?変形によって周囲の筋肉が正常な位置関係に維持できず、過剰な負荷がかかり痛みが生じているかもしれません。その痛みはどんな痛みですか?

Q.痛みがあるから病院に行ったが、レントゲンで異常なしと言われ、とりあえずシップと薬で様子みてと言われ診てもらえなかった。一時的に痛みは感じなくなるが、良くならない。

シップや痛み止めは多用すると浮腫みが抜けにくくなったり治りが遅くなり、症状が慢性化していきます。異常がないのに痛みがある、その原因は一体何からくるのでしょう?

Q.骨が歪んでいるのが原因と言われ矯正している。

確かに歪みは体を不調にします。ですが、歪んだ原因は何でしょうか?歪みが原因であるならば、矯正したら再発しにくいのでは?矯正したのにすぐ戻るのは関節がそんなに緩いのでしょうか?歪みが原因ではなく歪ませる原因が何か?ですよね。

これらの症状に共通して関与しているのは筋肉です。筋肉の状態を良くして血液循環が改善されることが体の生理的作用を促進させる最も理にかなった治療法であると私は想い、日々患者さまと向き合っております。ちなみに筋肉治療は症状や痛みだけでなく、美容にも関係します。生理学というちゃんとした学術的根拠に基づいた作用であり、解剖学・運動学と合わせたものが筋肉治療なのです!

 

 

« »