予約優先制、土曜日14時まで、駅近、駐輪スペース有り
診療時間表
診療時間表

あびこ・長居で筋肉治療専門の整骨院をお探しなら

あびこ Body Works 整骨院

問い合わせはこちら 06-7182-4808

問い合わせはこちら 06-7182-4808

〒558-0011 大阪市住吉区苅田8-12-31 プランドールソシア1F

関節痛について

筋肉治療専門院あびこBodyWorksの岡尾です。

本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます。

今回のテーマは「関節痛」についてお話します。

関節の痛みなんだから痛いのは骨だと思っていませんか?

本当に骨の痛みなのかどうか?そのあたりについてお話していきます。

 

人体にはいろんな種類の関節がありますが、共通していることは

  • 関節面に神経がなく軟骨で覆われている
  • 関節内に血管がない

ということです。当たり前のことですが、間に挟まったら大変ですよね。勘のいい人ならこの時点でお気付きだと思いますが・・・軟骨がすり減っても神経がなければ痛みは出ないと思いませんか?軟骨が完全になくて骨同士がぶつかれば可能性がありますが、そこまで辿り着くのにどれくらいかかるのでしょう。

また関節の間には椎間板や半月板などのクッションになるものがあり、靭帯という強力な線維で補強されています。

可動の大きい関節、肩や膝、肘や股関節などには活液という潤滑剤があり活膜や関節包という膜で包まれています。

膝に水が溜まっているっていうのはある意味当然なんですけど。

関節内部はかなり強力に保護されていますので、内部で痛みが出るとしたら、大きな損傷を起こすくらいのケガや菌が入って炎症を起こすようなことです。

じゃぁどこが痛いのか?というと関節の上にあるもの、筋肉です。

関節をまたいで骨や関節包などに付着しております。筋肉が付着する骨の面には骨膜という神経豊富な膜があり、筋肉が収縮して骨膜を引っ張るので骨が痛いと感じるのです。

便利な時代になり現代人は運動不足です。レントゲンで軟骨がすり減っていると言われた人にお聞きしたいのは、すり減るくらい毎日歩いてますか?

体重が原因だと言われた方、重い荷物を持ったようにいきなり何十kgも増えましたか?

違いますよね。周囲の筋肉が収縮し続けて圧迫している期間が長いから隙間が狭まり擦り減ったり変形したり循環不良で水が溜まったりしているのです。

生活習慣を変えていくことが根本的な改善ですが、治療としては筋肉を弛緩させ血液循環を改善することで痛みは改善されます。

ほとんどの方がこのケースに当てはまると思いますが、中には骨を剥離・裂離させた微細な骨折やカルシウム沈着や骨化してるものなど鑑別が難しいものもあり、すべてが筋肉というわけでもございません。上記の内容で判断できない場合はご相談ください。

肩や膝の痛みについてはまたそれぞれでお伝えしていきます。

腰の痛みについてはコチラをご覧ください。

 

« »